G・丸外しで露呈 原監督“V9川上”超えに前のめりな冷徹采配

公開日: 更新日:

 巨人のスタメンから丸佳浩(31)の名前が消えた。12―1と圧勝した15日の広島戦。前日まで丸の指定席だった3番にはウィーラー、中堅には陽岱鋼が入った。

「試合前の打撃練習では右へ左に鋭い打球を飛ばしていたというから、故障ではない。スタメン落ちの理由は、この日の広島先発のジョンソンとの相性の悪さだろう。丸は昨年もジョンソンに対して18打数2安打(打率・111)。今季の初対戦でも2タコ1三振に終わって、まったくタイミングが合っていなかったからね。チーム内から、ジョンソンが先発の日は丸のスタメン落ちもあり得る、という声をかねて聞いていたとはいっても、まさか、だよ。相性うんぬんで外す、外さないというレベルの打者ではないからね。個人よりチームを優先する原監督らしい用兵と言えばそうだけど、丸は複雑だろうね」(巨人OB)

■原野球の駒

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  9. 9

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る