高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

公開日: 更新日:

 巨人楽天に放出した高田は高卒4年目。2018年にイースタン・リーグで11勝を挙げ、最優秀防御率、最多勝などを獲得した。最速154キロで「松坂2世」とも称される有望株だった。

 楽天の石井GMも高田について「かなり有望。イースタンでは知っている中でトップレベル。これからローテーションに入ってくる逸材。今年大学4年生でドラフトにかかったとしたら1位、2位で消える逸材」と褒めちぎった。

 一方、巨人の大塚球団副代表は「高田は次期ローテーション投手。結構悩んだ。(原)監督も生かす道があるなら探した方がいいんじゃないかということだった」と明かした。

 侍ジャパン経験もある高梨を獲得した巨人が得をしたように見えるが、そうとも言い切れない。高校球界で「巨人離れ」が加速しそうだからだ。さる球界関係者がこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  9. 9

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る