巨人で台頭する投手2人が“後押し” 菅野の来季流出に現実味

公開日: 更新日:

 巨人のエース菅野智之(30)が3年ぶりの開幕4連勝を飾った。

 21日の中日戦に先発。三塁を踏ませない危なげない投球で許した安打はわずか3。135球の完封勝利で防御率は1・77となり、「また完封します」と汗を拭った。

■チーム防御率は12球団トップ

 開幕前、巨人の不安は投手陣だった。昨季15勝の山口俊がメジャーへ移籍。チーム内でも「穴が埋まっていない」「投手がいない」と不安視されたが、フタを開けてみれば、21日現在、12球団トップのチーム防御率3・01の成績を残している。

 原動力は他球団が「やられている」と眉をひそめる「2人の投手」だそうだ。

 まずは高卒2年目以内で球団史上初の開幕3戦3勝で、あの桑田真澄を超えた戸郷翔征(20)。もう1人はデラロサ離脱後に代役守護神も務めるなど、10試合10回を投げて防御率0・90の絶対的セットアッパー中川皓太(26)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る