阪神藤浪にある変化 制球難&満塁被弾でも「復調」の根拠

公開日: 更新日:

 ライバル球団の関係者によれば、「結果は出なかったが、少しは復活の兆しを見せたのではないか」と言う。

 23日の広島戦で、1年ぶりの一軍登板を果たした阪神藤浪晋太郎(26)のことである。

 昨季0勝と苦しんだ右腕は、五回まで無失点に抑えながら、六回にピンチを招き、ピレラに逆転満塁弾を浴びた。7回途中4失点。被安打4ながら6四球を与えるなど、制球が乱れた。テレビ解説をしていた元阪神監督の真弓明信氏が今後に期待しつつ「まだまだかなという感じ」と言及するなど、評論家諸氏の評価は総じて高くなかった。

 ただ、藤浪の投球をチェックした冒頭の関係者は、「近年はなかなか勝てる要素が見当たらなかったが、速球に力がありました」と、警戒心を強めた。

「五回終了時で68球と球数が少なかった。広島の打者は最速156キロをマークした直球に差し込まれていた。初回、4番の鈴木を併殺打に打ち取った球も速球です。逆球が多かったですが、コースが絶妙に決まっていた。これくらい速球に威力があって、コースに決まれば簡単には打てません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)