阪神藤浪にある変化 制球難&満塁被弾でも「復調」の根拠

公開日: 更新日:

 ライバル球団の関係者によれば、「結果は出なかったが、少しは復活の兆しを見せたのではないか」と言う。

 23日の広島戦で、1年ぶりの一軍登板を果たした阪神藤浪晋太郎(26)のことである。

 昨季0勝と苦しんだ右腕は、五回まで無失点に抑えながら、六回にピンチを招き、ピレラに逆転満塁弾を浴びた。7回途中4失点。被安打4ながら6四球を与えるなど、制球が乱れた。テレビ解説をしていた元阪神監督の真弓明信氏が今後に期待しつつ「まだまだかなという感じ」と言及するなど、評論家諸氏の評価は総じて高くなかった。

 ただ、藤浪の投球をチェックした冒頭の関係者は、「近年はなかなか勝てる要素が見当たらなかったが、速球に力がありました」と、警戒心を強めた。

「五回終了時で68球と球数が少なかった。広島の打者は最速156キロをマークした直球に差し込まれていた。初回、4番の鈴木を併殺打に打ち取った球も速球です。逆球が多かったですが、コースが絶妙に決まっていた。これくらい速球に威力があって、コースに決まれば簡単には打てません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る