7回制ダブルヘッダー導入も…メジャーは今季打ち切り必至

公開日: 更新日:

 だが、これで全スケジュールを消化できる保証はどこにもない。

 新型コロナは全米で猛威をふるっており、新たなクラスターが発生するのは時間の問題。ひとつのチームでクラスターが発生すれば、対戦チームに加え、対戦予定のチームも中止を余儀なくされる。ダメージはとてつもなく膨らんでいくのだ。

 メジャーが作成した感染防止のガイドラインにはツバ吐きが禁止されているものの、米国でツバ吐きとポイ捨ては文化みたいなもの。ベンチ内でツバを飛ばし、ドリンクの容器をそこいら中にポイ捨てすれば、それこそ感染者がネズミ算式に増えていっても不思議ではない。

 マンフレッド・コミッショナーは中止の可能性を示唆しているし、シーズンの打ち切りも時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る