クロマティもそうだった…助っ人はチャランポランほどいい

公開日: 更新日:

 開幕から約1カ月。プロ野球は今年も新外国人選手の出来がチームの成績を左右している。アンゲル・サンチェス、ジェラルド・パーラが活躍している巨人は首位を独走。開幕から18打席ノーヒットのジャスティン・ボーアが打ち出してきた阪神もAクラス争いに浮上してきた。一方、鳴り物入りで入団した大リーガー、アダム・ジョーンズが期待外れのオリックスは下位に低迷している。

 かつて、須藤豊元横浜(現DeNA)監督がこう言っていた。

「外国人選手はちょっと(性格が)チャランポランな方がいい」

 日米の野球の違いに悩み、結果を出せないことに落ち込むタイプは日本の野球には向かないということだろう。思い出すのは巨人で長く活躍したウォーレン・クロマティだ。

 クロマティが入団した1984年。巨人が地方球場で試合をした時のことだ。試合前、王貞治監督が選手を集めて話をした。ミーティング会場は畳敷きで、クロマティはゴロンと横になって王監督の話を聞いていた。他の助っ人選手はちゃんと座って耳を傾けていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る