オリ育成新人の大下誠一郎が初打席初本塁打 その素顔とは

公開日: 更新日:

 まさかスタンドに入るとは思わなかった。

 ずんぐりむっくりの体を揺らしながら、懸命に走る。二塁ベース手前で本塁打と気付き、全力疾走を緩めると、両手を突き上げたり、グルグル回したり。顔をぐしゃぐしゃにして喜びを爆発させながらナインに迎えられた。

■育成新人のプロ初打席初本塁打は史上初

 オリックスの新人・大下誠一郎(22)が15日の楽天戦の二回、プロ初打席初本塁打となる3ランを放った。

「正直、打球が低過ぎて入ったち思わんかったですけど、えー、一塁ベース回ったぐらいでファンの方々の声援が聞こえて入ったと思いました」

 試合後のお立ち台。九州弁丸出しでインタビューに答えた大下は、福岡県北九州市出身。白鴎大足利(栃木)、白鴎大を経て昨年の育成ドラフト6位で入団。長打力と勝負強さを買われ、前日に支配下登録。この日出場登録されて即、8番・三塁でスタメン出場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る