松山が全米OP7位T浮上 魅せた技ありチップインバーディー

公開日: 更新日:

【全米OP】第2日

 初日はアンダーパーで回った選手は21人もいた。

 ところがグリーンが乾き、硬く高速になった2日目は3人だけ。強風が吹き過酷なコンディションに変貌した会場にスコアを崩す選手が相次いだ。4アンダー2位発進のP・リードがイーブンパーで回り単独首位に立ったが、J・トーマスが73、R・マキロイが76、R・ファウラーが77とトッププロもスコアメークに苦労した。

 そんなタフな展開でアンダーパーをマークしたのが松山英樹(28)だ。この日は69で回り、33位タイ発進から通算イーブンパー・7位タイに浮上した。

 イン発進の前半は短いバーディーチャンスを再三決められず、18番では上り1・5メートルのパーパットを外してボギーが先行した。

 折り返して1番パー4は得意のアプローチがさえた。ピンまで12メートルの3打目をウエッジでピン上6メートルにキャリーさせると、ボールは傾斜を転がり落ちてカップに吸い込まれてバウンスバックに成功。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る