小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

公開日: 更新日:

 監督室は日本のプロ野球選手にとって馴染みの薄い場所です。特にマリンスタジアム(現ZOZOマリンスタジアム)のそれは、選手ロッカー室から通路を挟んで向かいの奥まったところにありました。

 ボビー・バレンタイン監督(70)は「いつでもウエルカム。常に扉は開けておくから、来たいときに来てくれ」と選手に言っていましたが、そうそう訪ねていく用事もない。しかも監督室の手前にはコーチ室がある。選手が何か言うなら、まずはコーチ。コーチ陣のいる部屋を素通りして監督室に……とはならないものです。

 僕が監督室に入ったのは1回だけ。2007年のシーズン終盤、パフォーマンスが落ちてきたあるとき、ボビーに呼ばれたのです。

 室内にはボビーが家族と写っている写真、05年にリーグ優勝や日本一を達成した記念のフラッグ、当時の集合写真などが飾ってありました。そこでボビーから「一回、ファームでリフレッシュしてきてくれ。マサは4年間ストッパーをやって、一度も登録抹消がない。疲れもたまってるだろうし、プレーオフもあるから」と言われたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る