日本の選手をマークする球団が少ない今こそ調査のチャンス

公開日: 更新日:

 折からのコロナ禍はメジャーのスカウト活動にも大きな影響を与えている。

 日本にいる情報提供者や他球団のスカウトの話を総合すると、日本のプロ野球選手を現地でチェックしているのはヤンキース、レッドソックス、レンジャーズ、ツインズ、ブルージェイズといった程度。大半の球団はパソコン上の動画や数字で日本のプロ野球選手の実力を見極めているようだ。

 今オフ、目玉になりそうなのは開幕から12連勝中の巨人・菅野(30)くらいといわれる。菅野の実力や性格は、これまでの国際大会を通じてすでに把握しているだろうから、コロナ禍で金銭的ダメージを負っているいま、わざわざ経費を使ってまでスカウトを働かせる必要はないとの判断に違いない。

 ただ、動画や数字だけで、選手の真の実力を正確に把握できるとは限らない。いい例がマリナーズの菊池やブルージェイズの山口だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る