原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

公開日: 更新日:

 巨人の今季3度のサヨナラ勝ちのうち、2度はこの男が決めている。

 1日のDeNA戦、22日の広島戦で殊勲打を放ち、25日の中日戦も2安打。25日現在、打率を・291に上げてきた吉川尚輝(25)だ。

 先月、一時調子を落としたが、9月の月間打率は・390と好調。原監督に「勝負強さも存在感も出てきて素晴らしい」と認められつつある。

 二塁を守るが、坂本勇人(31)が交代した後や欠場した試合では遊撃に入る。もともと、こっちが本職だ。

 原監督は「勇人級」と高い潜在能力を買っている。一方で昨季は腰痛でほぼ1年を棒に振るなど、故障が多く、「戦う以前の問題」と「強さ」を求めていた。

 今季、このまま完走することができれば、原監督の構想が次の段階に進むことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  7. 7

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  10. 10

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

もっと見る