菅野が開幕13連勝快挙 メジャー評価4年60億円さらに上積み

公開日: 更新日:

 試合後、巨人のエースはまず、頭を下げた。

「(新記録は)素直にうれしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。野手の援護? いつも勇気づけられているので、最後まで投げたり、チームに貢献したいと思っているんですけど、最近は助けられてばっかりです」

 6日のDeNA戦でプロ野球新となる開幕13連勝を達成。2004年に近鉄の岩隈(現巨人)がマークした開幕投手の連勝記録を16年ぶりに塗り替えたが、打線に助けられた快挙でもあった。

 同点に追いつかれた直後の三回裏に5番の丸が勝ち越しの3ラン。ロペスに2点本塁打を被弾して1点差に詰め寄られると、すぐさま8番のウィーラーが2ランを右翼スタンドに叩き込んで援護した。いまだ無敗の快投を続けるエースも、ここまで危ない試合がなかったわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る