小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

クラブハウスの設備と食事 専属シェフに食べたい物を注文

公開日: 更新日:

 前回はインディアンスが勝利したとき、クラブハウスでナインがビールで乾杯する儀式の話をしました。せっかくなので、メジャーのクラブハウスがどんなところか、紹介したいと思います。

 一口にクラブハウスと言っても、球場ごとに広さや細かい設備などはバラバラ。インディアンスの本拠地、プログレッシブフィールドは1994年に完成した比較的新しい球場なので、中も広く、快適に過ごすことができました。

■そこかしこにソファとテレビ

 その一方、例えば旧ヤンキースタジアムは1923年から稼働していた。老舗球団の伝統や雰囲気を感じる一方、内装などはあちこちにガタがきていました。さすがに老朽化が問題になり、2009年に2代目ヤンキースタジアムが新設されたわけです。


 クラブハウスは日本で言えばロッカールームに当たりますが、その中身はまるで違います。壁一面に選手のロッカーがあり、ソファやテレビがそこかしこに置かれています。ある中南米出身選手は大音量でレゲエを楽しみ、別の選手はソファでくつろぎながらESPNでスポーツ中継を観戦しているといった具合。2008年はちょうど北京五輪の年だったため、期間中は五輪中継を見ながら母国を応援する選手もいました。テレビゲームも置いてありましたが、インディアンスにはなぜか最新のプレイステーションなどではなく、僕が子供のころにやっていたファミコンのファミスタのような簡単なゲームだけ。それでも屈強な大男たちが背中を丸めて古い野球ゲームに熱中しているさまは、どこかほほえましくもあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  2. 2

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  5. 5

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る