友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

コロナ禍で明暗分かれたMLB レ軍は1780億円新球場が水の泡

公開日: 更新日:

 今シーズン、メジャーリーグではコロナ禍で、チームによって損得が分かれた。

 もっとも得したのはアストロズだ。ア軍は今年1月に球団ぐるみのサイン盗みが発覚し「社会の敵」となった。3月下旬に開幕していれば遠征先で痛烈なヤジにさらされたはずだ。しかし、コロナ禍で開幕が4カ月延びたおかげで、サイン盗みは最大の関心事ではなくなり、しかも7月下旬に始まった公式戦は無観客。敵地でも通常の精神状態でプレーできた。その結果、ア軍は昨季21勝のバーランダーがヒジの故障で全休、同20勝のコールもチームを去ったにもかかわらずプレーオフ進出を果たした。

 カブスもコロナ禍が吉と出たチームだ。最大のライバルであるカージナルスはクラスター発生で約15日間試合ができなくなり、再開後はダブルヘッダーが複数組まれてチームが疲弊。さらに同地区のブルワーズもコロナ禍による開幕延期のあおりで、主砲イエリッチがひどいスランプに陥りチームの得点力が低下。カブスで今季好調なのはダルビッシュだけで、主力は軒並み不調だったにもかかわらず、楽々地区優勝することができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

  7. 7

    スガ政権、東京はコロナウイルス実験のシャーレではない

  8. 8

    松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る