ソフトBは深刻な「ロッテ恐怖症」CSの命運握る10月の6試合

公開日: 更新日:

 クライマックスシリーズ(CS)での決戦は避けられそうもない。

 4日、ソフトバンク日本ハムを下して首位をキープしたものの、2位ロッテ西武を倒してゲーム差は2のまま。オリックスに敗れた3位楽天とロッテとの差は5・5ゲームに広がり、いよいよCSでの激突が濃厚となってきた。

 昨年、8勝17敗と大きく負け越したソフトバンクの「ロッテ恐怖症」は重症だ。今季も4勝10敗1分けと一方的である。

 今季はコロナ禍の影響により、CSファーストステージは廃止。首位と2位による頂上決戦になる。首位には1勝のアドバンテージがあるものの、こうも苦手意識を植え付けられてはセーフティーリードになるかどうか。

 なにせソフトバンクは本拠地ペイペイドームのロッテ戦は1勝5敗と散々。今季初めてロッテを福岡に迎えた6月の初戦に勝って以降は5連敗とコテンパンである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る