ロッテ主力級8人が陽性 コロナ大量感染でも“逆転V”の根拠

公開日: 更新日:

■見えない復帰時期

 15年ぶりのリーグ優勝を目指すロッテに暗雲が垂れ込めた。

 4日に新型コロナウイルスの陽性反応が出た先発ローテーション投手の岩下(24)に続き、5日には荻野(34)、清田(34)、角中(33)、藤岡(27)ら一軍の主力野手7人を含むコーチ、スタッフら計11人の感染が発覚。さらに、リリーフ投手の東妻(24)、山本(24)、小野(23)の3人に加え、成長株の外野手・和田(21)が岩下の濃厚接触者と判定され、離脱を余儀なくされた。

 ロッテは現在、首位ソフトバンクと1ゲーム差の2位。今月は直接対決6試合を残している。ここで、昨季から通算27勝12敗(1分け)と圧倒するカモのソフトバンクを一気に叩き、2005年以来となるリーグVへ一直線――と、いよいよ機運が高まっていた矢先の大量感染である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る