小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

ウェッジ監督に「おまえらのせいで罰金を払った」と言われ

公開日: 更新日:

 前回はメジャー球場のブルペンについて話しました。ちょうどいい機会なので、もう少しブルペンの話題を続けたいと思います。

 日本だとどの球団もそうですが、投手がブルペンに入る時間は役割によって違います。セットアッパーや僕のような抑えは、試合後半になるまでトレーナーの治療を受けることが多く、ユニホームに着替えるのも遅い。ロッテ時代、乱闘になったのでTシャツ姿のままグラウンドに出ようとして、スタッフに「さすがにその格好では……」と止められたこともあります。

 けれども、メジャーでは試合開始と同時に投手全員がユニホームを着て、ブルペンで待機しなければなりません。前回書いたように、メジャーのブルペンは常に観客の目にさらされ、裏の動線などもない。試合中、荷物を持って外野にあるブルペンに行く、なんてことはできませんから。そこで試合を見ながらアメをなめたり、リラックスしながら登板に合わせて調整するのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る