ドラフト候補の“アタマの中身”の探り方 監督にはこう聞く

公開日: 更新日:

 ドラフト会議が10日後に迫って、オレもかなり忙しい。

 球団が作成したリストには膨大な量の選手が掲載されているから、それをふるいにかけなきゃならない。自分が推薦した選手の最終チェックをするためにある高校のグラウンドに向かう途中、スマホが震えた。部長からだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(30枚)

「おい、まだ、絞り込めないのか!」

「これから、ある高校のグラウンドで監督と話をしようかと思ってるんです。ほら、部長がよく言うじゃないですか、いくら素材がよくてもそれを開花させる最低限のアタマがないヤツはだめだって。なので、いまから監督に聞こうと思ってるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  9. 9

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  10. 10

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

もっと見る