安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

ドラ1は確実 福岡大大濠・山下舜平大の直球は“鉄球”の衝撃

公開日: 更新日:

 福岡大大濠高・山下舜平大(18)には、3回も驚かされている。

 最初は、彼が2年生の春、福岡県大会の試合前だ。外野でキャッチボールを始めた選手たちをネット裏から眺めていたら、間違いなく一人だけ、勢いの違うボールを投げているでっかいユニホーム姿。

 すぐに見に行ったら、189センチの長身の右腕が長い手足をしならせながら、ものすごいボールを投げている。指先を抜けたボールが伸びっぱなしに伸びて、そのままスタンドに突き刺さった時には、なんだこりゃ……と言葉も出なかった。

■真っ直ぐ伸びる100メートル遠投

 高校ジャパン(U18)の候補合宿で、大船渡高・佐々木朗希の「160キロ」を見たばかりだった。「佐々木朗希」がまた現れた……。

 すぐに、旧知の野球部関係者に連絡して、「すごいのがいますねぇ」とほめちぎったら、「いやあ、メンタル面も含めてまだまだ」と軽くいなされてしまったが、私の記憶の中には「福岡大大濠・山下舜平大」……下の「しゅんぺいた」が読めなかったのだが、その未完の大器の存在はしっかり刻み付けられたのだった。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る