日本OP2日目「首位・2位T」は大学生 男子プロの実力見たり

公開日: 更新日:

【日本オープン】第2日

「これからは先生と呼ばなければいかんな」

 今大会5勝の尾崎将司は教え子の伊沢利光が1995年大会を制した時にこう言った。それだけ重みのある大会ということだが、2日目が終わってトップに立ったのは通算5アンダーの河本力(日体大3年)。

 今季から米女子ツアーに参戦している河本結(22)の弟だ。1打差の2位タイ(4人)にも、杉原大河(東北福祉大3年)と桂川有人(日大4年)の大学アマの名前がある。

 あるツアー関係者が言う。

「最近の大学生はローアマではなく、優勝を視野に入れて戦っている。石川遼松山英樹、今大会がプロ転向初戦の金谷拓実(東北福祉大4年)が、アマでプロツアーに勝ったことが大きい。飛距離はプロと同等かそれ以上だし、ジュニアの頃から試合慣れしており、小技もうまい。コースセッティングが難しい日本オープンでも、彼らは何ら臆することなくプレーしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

もっと見る