メジャーの教訓生かした今平周吾と63位出遅れ石川遼の違い

公開日: 更新日:

【日本オープン】第1日

「全米オープンに出場して心に余裕ができたということですかね」

 8度目のメジャー挑戦だった9月の全米オープンで初めて決勝進出を決めた今平周吾(28)が、初日4アンダー単独トップに立った。海外で厳しい設定を経験し、予選を通った自信がこの日の好スコアにつながったといえる。いっぽう、同じ全米オープンに出場した石川遼(29)は、3オーバー63位タイと出遅れた。

 昔、尾崎将司は「俺はメジャーに出ているから強い」と言ったことがある。タフなメジャーで学んだテクニックを帰国して実戦に取り入れ、勝ちまくったのだ。

「今平は昔からグリップを短く握り、手堅いプレースタイルだったが、点と点を結ぶゴルフができるようになった。だが、石川は昔から全然進歩していない」と評論家・菅野徳雄氏はこう厳しく指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る