北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

公開日: 更新日:

「当然の結果ですよ」

 スキー連盟の関係者がこういうのは、会長人事のことだ。

 全日本スキー連盟(SAJ)は18日の評議員会で役員改選を行い、北野貴裕会長(57)と、皆川賢太郎競技本部長(43)が理事を落選。2022年北京五輪の1年4カ月前のこの時期に、会長と競技本部長が不信任を突き付けられるという異例の内紛劇となった。

 15年10月に会長に就任した北野氏は、北野建設(長野市)の代表取締役会長兼社長で日本オリンピック委員会(JOC)理事も兼務。同社スキー部は、92年アルベールビル、94年リレハンメル五輪のノルディック複合団体金の荻原健司や、98年長野五輪から5大会連続出場の上村愛子(女子モーグル)などが、かつて在籍。現在もソチ五輪から2大会連続で複合(ノーマルヒル)銀の渡部暁斗らが所属している名門だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る