瀬戸大也を水連が聴取…メダリスト=聖人君子という勘違い

公開日: 更新日:

 何のための「呼び出し」なのか。

 不倫問題で世間を騒がせている競泳の瀬戸大也(26)が12日、都内で日本水泳連盟の倫理委員会から事情聴取を受けた。同連盟は13日に臨時常務理事会を開き、処分の有無などについて検討するという。

 瀬戸による白昼の不倫劇を報じたのは9月24日発売の週刊新潮だった。テレビやスポーツ紙で大きく取り上げられ、瀬戸夫婦は連名で謝罪。所属先のANAは契約を解除し、夫婦で出演していた「味の素」のCM動画は公式HPから削除された。瀬戸自身は東京五輪競泳日本代表の主将とJOCの「シンボルアスリート」を辞退する意向を日本水泳連盟に伝えた。

 しかし、そもそも不倫は、妻や子供に対する裏切り行為かもしれないが、犯罪ではない。「火遊び」を理由に水連が瀬戸を呼び出すのはどうしてなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る