瀬戸大也を水連が聴取…メダリスト=聖人君子という勘違い

公開日: 更新日:

 何のための「呼び出し」なのか。

 不倫問題で世間を騒がせている競泳瀬戸大也(26)が12日、都内で日本水泳連盟の倫理委員会から事情聴取を受けた。同連盟は13日に臨時常務理事会を開き、処分の有無などについて検討するという。

 瀬戸による白昼の不倫劇を報じたのは9月24日発売の週刊新潮だった。テレビやスポーツ紙で大きく取り上げられ、瀬戸夫婦は連名で謝罪。所属先のANAは契約を解除し、夫婦で出演していた「味の素」のCM動画は公式HPから削除された。瀬戸自身は東京五輪競泳日本代表の主将とJOCの「シンボルアスリート」を辞退する意向を日本水泳連盟に伝えた。

 しかし、そもそも不倫は、妻や子供に対する裏切り行為かもしれないが、犯罪ではない。「火遊び」を理由に水連が瀬戸を呼び出すのはどうしてなのか。

■スポンサーへの気遣い

「ひとつにはスポンサーに対しての“気遣い”ですよ」というのは、ある競技団体の元幹部だ。

「日本水連には、同水連、水泳日本代表だけでなく、競泳、水球、アーティスティックの各日本代表にもスポンサーがついている。その数は全部で約20社もあり、瀬戸を切ったANAは水泳日本代表のオフィシャルスポンサーにもなっている。コロナ禍により、どの企業も業績は厳しい。来年の五輪も開催できるかわからない。契約を解除したい企業は少なくないと聞いている。だからこそ水連は瀬戸の不倫問題について、しっかり対応しています、という姿勢をスポンサーに見せなければならないのでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ