小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

アマ野球が長いからこそ抱いたプロの五輪出場への違和感

公開日: 更新日:

 2004年アテネ五輪の予選を兼ねた前年のアジア選手権は、どこか不思議な感じでした。

 会場は札幌ドームですが、日本ハムが移転したのは翌04年から。当時は西武が準フランチャイズ構想を持っていて、公式戦を何試合か行っていた程度。札幌にはさほど野球観戦の文化が根付いていなかったんです。プロ野球といえば、円山球場のデーゲーム観戦が恒例。仕事終わりにナイター観戦というスタイルは当時、札幌にはありませんでした。

 そのせいか、僕ら日本代表の試合はお客さんが足を運びやすいナイターにもかかわらず、中国、台湾戦のスタンドはガラガラ。プロの中でも選ばれたスター選手、僕でも一緒にプレーして興奮するメンバーばかりなのにもったいない……なんて気もしました。それでも最終戦の韓国戦は盛り上がったから、終わりよければ……なんですけどね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る