欧州遠征の森保J注目は復帰のMF橋本拳人 ロシアで存在感

公開日: 更新日:

 呼びたくても呼べなかった選手2人が、森保日本代表のオーストリア遠征(13日・パナマ戦。17日・メキシコ戦)の代表メンバー24人に入った。ロシア1部ロストフのMF橋本拳人(27)、セルビア1部パルチザン・ベオグラードのFW浅野拓磨(25)である。

 春先からのコロナ禍で活動停止だった日本代表は、9月のオランダ遠征が昨年12月以来となる代表戦だった。橋本も浅野も遠征メンバーに内定していたが、ロシアとセルビア両政府の渡航制限で招集できなかった。「183センチの大型MF橋本は代表のレギュラーの座を確保する可能性もある」とはある放送関係者。

 7月にロシアに移籍した橋本は、8月8日のリーグ開幕戦で主戦場のボランチでデビューを果たすと現在、5試合連続フル出場と定位置を確保した。中盤の<底>で確実に守り、そこから攻撃の起点となってチャンスを構築する。FW並みの決定力もアピール。欧州サッカー市場内での存在感は急速アップ中である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  2. 2

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  5. 5

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  6. 6

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

  9. 9

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  10. 10

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

もっと見る