ビジャレアル久保建英はピッチに入る際になぜウインクを?

公開日: 更新日:

 ビジャレアルに所属する日本代表MF久保建英(19)が、日本時間3日のバジャドリード戦の後半途中に交代出場。チームは2―0で勝利をおさめたが、久保はGKとの1対1の場面でゴールを逃すなどしてメディアから批判を浴びた。

 2―0で迎えた後半19分、先発したナイジェリア代表FWチュクウェゼに代わって右サイドでプレー。後半39分に千載一遇のチャンスを得た。敵陣ピッチ中央でドリブル開始。右サイドの味方にラストパスを送る気配を漂わせながら、左サイドを駆け上がったFWバッカに左足アウトで絶妙パスを送った。

■「久保には魔法がない」

 しかしバッカはシュートに持ち込めず、GK前に苦し紛れのパス。走り込んだ久保が左足でシュートするも、GKの差し出した右手でセーブされてしまった。バッカのパスの<足が長かった>ことに加えて<鋭い飛び出しを見せたGKの好セーブ>をたたえるべき局面だったが、米国スポーツ専門放送局「ESPN」は「久保には魔法がない。日本人は素晴らしいアシストを台無しにした」と報じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る