松山英樹3打差5位T 初の60台発進も「全体的に悪い」と不満

公開日: 更新日:

【マスターズ】第1日

 大会初日は雷雨のため2時間45分の中断があり、44選手がホールアウトできずに日没サスペンデッドになった。

 前週のヒューストン・オープン2位と調子を上げてマスターズに乗り込んだ松山英樹(28)は、5バーディー、1ボギーの68で回り、7アンダー暫定首位のP・ケーシー(43=英国)に3打差の5位タイだった。

 この日は予報が出ていた北風は穏やかだったが、雨の影響でティーショットはランが出なかった。その一方でグリーンはウエットになり、鏡のようなと形容される会場名物の高速グリーンはボールがビタビタ止まりバーディー合戦の様相になった。

 イン発進の松山は、13番パー5の2打目をクリーク手前にレイアップし、3打目をピンそば50センチにつけてバーディー先行。続く14番パー4では左ラフからの2打目がピン左1メートルとショットがさえて連続バーディーを奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る