「マスターズV6」を狙うT.ウッズと帝王ニクラスの共通点は

公開日: 更新日:

【マスターズ】第1日

 コロナ禍で開催時期が春から秋に延期されても、大会の幕開けはやっぱりこの2人の一打からだ。最多6勝を誇るジャック・ニクラス(80)と、3勝のゲーリー・プレーヤー(85)という名誉スターターのドライバーショットをゴルフファンはあと何回見られるだろうか。

 昨年奇跡の復活優勝を遂げたタイガー・ウッズ(44)も全盛時の勢いはないが、大会史上初となる2度目の連覇達成ならニクラスに並ぶV6。同時に米ツアー最多の83勝目となる。

 マスターズ優勝に関し、この2人には共通点が多い。ニクラスが初めて勝ったのは1963年。23歳の時だった。6度目の優勝は23年後の86年。「ジャックは終わった」と言われていた46歳2カ月。現在でもこれが大会史上最年長記録である。

 今年ウッズが勝てば、97年に史上最年少の21歳3カ月でオーガスタを制してからくしくも23年後。史上最多タイの6回目はニクラスに肩を並べる。

 ちなみに英国BBCによれば、前週世界ランク33位での優勝も46歳Vで世界を驚かせた時の帝王と同じである。

「昨年は観客の応援に後押しされた。今年は無観客という経験したことがないマスターズになる。そんな中でも昨年の再現をしたい」

 大会前にこう語っていたウッズは10番スタート。初バーディーは13番。右ラフからの第2打はピン手前14メートルにオン。ファーストパットは距離を合わせて2パット。15番は第2打をグリーン奥に外すが、アプローチを2メートルに寄せてバーディー。

 この日のベストショットは16番のティーショット。ピン右上3メートルから傾斜で戻し、30センチにつけ難なくバーディー。3アンダーで折り返した後半は、1番で5メートルのバーディーパットを決め、ノーボギーの4アンダー、暫定5位タイで初日を終えた。

メジャーでのノーボギーは106ラウンドぶり

 今大会、ウッズの第1ラウンドのボギーなしは2008年以来。メジャーでのノーボギーは09年の全米プロから、106ラウンドぶりだ。

「観客がいない中でのプレーだが、いいラウンドだった。パッティングでは少しミスが出た。雨が降る前からグリーンはソフトだったので、積極的に攻めた。観客がいないという環境の違いに適応できるかが勝負のカギになるだろう」(ウッズ)

 ウッズの今季飛距離はランクトップのデシャンボー(344・4ヤード)より、約50ヤードも劣る165位(295・3ヤード)。

 もはや「飛ばし屋」ではないが、このコースはウッズにとっては「庭」だ。偉業達成へ向けて、上々の滑り出しとなった。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る