羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山英樹のマスターズに期待 不調の渋野は練習量増がカギ

公開日: 更新日:

 今週のメジャー「マスターズ」(12日開幕)に向けて、松山英樹が調子を上げてきました。

 先週の「ヒューストン・オープン」は5打差8位発進の最終日にコースレコードタイの63をマークしてトップを猛追し、今季ベストの2位フィニッシュと勢いがあります。

 それも2カ月前の全米オープンの教訓が生きたはずです。4位発進の最終日に崩れて17位と悔しい思いをしました。それから4日目の戦い方が改善され、「ZOZOチャンピオンシップ」最終日も4日間ベストの66です。

 冷静に、自分がやるべきことが明確になって、好プレーにつながっています。

 いい形でオーガスタ・ナショナルGCに乗り込むことができますが、4月開催から11月に変更になったマスターズに向けて、練習日からコース状況をいち早く判断できたほうが有利です。春とは違う気候や風向きに戸惑うこともありますが、これまでのイメージを消して、セカンドショットの距離感をつかむことです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る