またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

公開日: 更新日:

【伊藤園レディス】

「3パットがなかった。パッティングで頑張れたので、(自己採点は)12点ぐらい。3ミリくらい前進しましたかね」

 4バーディー、2ボギーで初日を終えた渋野日向子(21)。トップのキム・ハヌルと5打差の20位タイ発進にも、笑顔が見られた。

 今大会、渋野はまたまたキャディーを代えた。これで米ツアーから帰国後3戦で3人目。今度の相棒は、所属するマネジメント会社で自らを担当する田谷美香子マネジャーである。

「8月からの2カ月に及ぶ米ツアー転戦にも帯同し、渋野が『ミミさん』と呼んで慕う気心の知れたマネジャーです。マネジャーといっても、アマチュアゴルファーとして2011年の日刊アマゴルフ関東大会を制した実力の持ち主。女子プロのキャディーを務めた経験もある。渋野は先の米ツアーで6試合に出場し、予選落ち2回。一度もトップ20に入ることなく帰国した。日本ツアー復帰後も三菱電機レディスで予選落ち、前週のTOTOジャパンクラシックも30位タイ。本人が、『いろいろな人に(キャディーバッグを)担いでもらって、いろいろな意見を聞きたい』と言っていた通り、不調脱出へ必死です」(ツアー関係者)

 初日の20位は今季最高だが、渋野の必死のもがきはいつまで続くか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  2. 2

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  5. 5

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る