ソフトB中村晃は2ラン連発 周囲が舌巻くストイックの原点

公開日: 更新日:

 バット“2振り”で試合を決めた。

 勝てばCS突破、日本シリーズ進出がかかる一戦で、ソフトバンク中村晃(31)が4打数2安打、2本塁打4打点の活躍を見せた。前日は「2番・一塁」、この日は「7番・一塁」でスタメン出場。先発の東浜が初回に3失点する劣勢ムードを二回の2ラン、2打席連続となる四回の逆転2ランで吹き飛ばした。

 CSのMVPに輝いた中村は、2014年に最多安打を獲得したように、類いまれな打撃センスが持ち味。しかし、バットだけの選手ではない。一塁と外野守備もうまく、ソフトバンクのコーチ陣も「なんでアキラがゴールデングラブ賞で選ばれないんだろうか」と、首をひねっているという。

 ソフトバンクのスタッフが言う。

■「ゴールデングラブを獲得してほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  9. 9

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る