元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

ロストフMF橋本拳人 「伸びしろが凄い」遅咲き男の飛躍

公開日: 更新日:

橋本拳人(FCロストフ・MF・27歳)

「今も顔に傷ができてます。肘が入ったり、ホントに激しいリーグです」

 8月にFC東京からロシア1部ロストフに移籍した橋本は、右頬にアザを作りながら約1年ぶりに代表復帰。13日のオーストリア遠征・パナマ戦は前半で退いたが、巻き返しはここからだ。

 パナマ戦後に「橋本は所属チームでは、ひとつ前(攻撃的MF)でプレーすることが多くて戦術の違いで少し戸惑いがあったのかな。その中でも自分の良さを出そうと前向きにチャレンジしてくれた」と森保一監督は、ねぎらいの言葉を口にした。

 が、2019年12月のE―1選手権以来の代表戦で早々とベンチに下げられ、代わって登場した遠藤航(シュツットガルト)が圧巻の仕事を見せたのだから、心中は穏やかではないはず。この教訓をどう今後に生かすか、それが肝心となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る