釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

森保J「ゼロ・トップ」なんのため?パナマ戦では機能せず

公開日: 更新日:

 森保監督率いる日本代表は、オーストリアで行われたパナマ戦(日本時間13日午後11時15分キックオフ)の先発布陣として<ゼロ・トップ>システムを採用した。いかにもストライカー然とした屈強なFWをトップに起用するのではなく、トップ下や攻撃的MFを主戦場とするMF南野が最前線に入り、攻撃的MFの久保と三好の2人が、南野の後方に<ツー・シャドー>として配された。

 この布陣の良さが前半31分に見られた。

 南野、久保、三好に守備的MFの橋本も絡んでパスがつながり、最後は三好が左足でシュート。惜しくも三好にオフサイドの判定が下ったが、パナマDF陣を翻弄することができた。駒が揃う攻撃系MFをフル活用することで、より多くシュートチャンスをつくることがゼロ・トップの目的だとすれば、こうした展開が何度も何度も見られなければ、何のためのゼロ・トップなんや? ということになってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る