元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

原口元気は唯一のロシアW杯経験者…存在感とゴール量産を

公開日: 更新日:

原口元気(ハノーファー・MF・29歳)

「1年ぶりに集まって『仲良しこよし』ではいけない。競争は当たり前。自分もポジションを取りに行く気持ちで挑みます」。10月のオランダ遠征・2連戦で原口元気はギラギラ感を押し出したが、今回は攻撃陣で最年長にして唯一のロシアW杯経験者として圧倒的存在感を示すことが必要だ。

  ◇  ◇  ◇

 ロシアW杯までは本田圭佑香川真司乾貴士ら年長者に囲まれていた原口。森保日本では攻撃陣の若返りが一気に進み、今回は大迫勇也(ブレーメン)も不参加。29歳で最年長となった。

「若いとか上とか関係なく、日本代表は今までもずっと競争があった。活動が1年空いて新たなリスタートになったので全力で向かっていきます」

 所属クラブの意向で不参加となった堂安律(ビーレフェルト)を招いて同僚・室屋成とともに励ましの会を催すなど、先輩らしい気配りも見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る