元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

右MF一番手に “天然”伊東純也が臨む代表キャリアの分岐点

公開日: 更新日:

伊東純也(ゲンク・MF・27歳)

「対人では相手がどんな選手でも自信を持っている」と10月のオランダ遠征で鮮烈な印象を残した快足アタッカー伊東純也は胸を張った。堂安律(ビーレフェルト)不在の今回、右MF一番手浮上のチャンスだ。

  ◇  ◇  ◇

「オランダではアシストも得点もできてないのでまだまだ。ただ、チームが(2戦目のコートジボワール戦に)勝てたのはよかった」

 こう率直な心境を吐露する。直後の10月24日には「新型コロナ陽性判定が出た」とゲンクが発表。その影響が懸念されたが、30日のオイペン戦には後半31分から出場。驚異の回復力で森保一監督を安堵させた。

「最初の陽性から1週間後の朝、検査に行って結果が出たのが試合の3時間前。『陰性ならメンバーに入る』と監督から言われ、心の準備はしていました。1回目の検査も再度やったら陰性だったかもしれないが、どっちにしてもレッドカードで出られなかったので、自宅待機してました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る