渋野日向子は4位Tの好発進も…ミレニアム世代にタジタジ

公開日: 更新日:

【大王製紙エリエールレディス】第1日

 前年覇者として臨んだ渋野日向子(22)は3バーディー、ノーボギーの68。今季国内5戦目で初日ベストの4位タイにつけた。

 しかし、6アンダー首位タイで並んだのは今季2勝の笹生優花(19)と古江彩佳(20)に、1勝の西村優菜(20)と勢いのある年下ばかりだ。

■同組の古江に脱帽

 渋野は同組の古江について、「すべてにおいて完璧というか、アイアンのコントロールがうまいですし、いっちゃいけないところに打たない。ピンを全部攻めているわけではないのに、バーディーチャンスにつく回数も多い。総合的にレベルが高いというか、かなり勉強になります」と、舌を巻いた。

 1年前は日本人選手42年ぶりのメジャー優勝を遂げて、飛ぶ鳥を落とす勢いがあった渋野だが、今では2000~01年に生まれた「ミレニアム世代」のプレーに感心するばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る