またも2日目に急降下 渋野日向子がビビる“予選落ち恐怖症”

公開日: 更新日:

【大王製紙エリエールレディス】第2日

「弱々しいというわけではないが、去年の渋野とは別人ですね」

 ある大会関係者がこう漏らした。

 渋野日向子(22)は昨年の今大会では鈴木愛(26)を1打差で振り切り、通算19アンダーで優勝。国内4勝目を挙げた。

「昨年は8月の全英女子オープンに勝って自信に満ちあふれていたし、笑顔もステキでした」(前出の関係者)

 今年も初日はボギーなしの3アンダー4位タイにつけ、連覇に向けて好スタートを切ったものの、2日目は2バーディー、4ボギーの73。通算1アンダー20位まで順位を落とし、通算7アンダー首位タイの笹生優花(19)、西村優菜(20)との差は6打に広がった。

 渋野は今季、2日目のスコアが低調になる傾向がある。前日の会見でこの件について聞かれると、こう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  9. 9

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  10. 10

    山Pは「稼げない」ジャニーズの“貴公子”電撃退所の舞台裏

もっと見る