セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

公開日: 更新日:

 今季限りで退任したラミレス監督による、最大の置き土産といっていいだろう。

 チームの主砲兼主将だった筒香が今季、米レイズへ移籍。新たに4番と主将を任されるや、打率・328、20本塁打、69打点の好成績を挙げた。

 16年ドラフト9位で入団。セの支配下指名選手の中では最下位指名だった。打撃は評価されていたが、明大時代は主に一塁手。ポジションが限られることから、各球団が指名に二の足を踏んだといわれている。

「ラミレス監督は打撃もさることながら、人柄を高く評価していました」

 とは、さる横浜OB。

「広陵高(広島)、明大と、強豪校で鍛えられてきたこともあってか、機転が利き、明るい性格で人当たりもいい。1年目にいきなり開幕一軍入りさせたのは、ムードメーカー、将来の主将候補としての期待も大きかったからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る