レイズは裏目に出た継投を貫いたからWSに駒を進められた

公開日: 更新日:

「僕がレイズを去るとき、いつかワールドシリーズで会うことになるよってジョークを言ったのを覚えてる。それが本当に実現するなんてね、信じられないよ」

 お金がないゆえに頭を使って革新的な戦術や選手起用でア・リーグを制したレイズと、レイズで培われた頭脳を6年前に輸入し、その考えや戦略をスター選手に浸透させてナ・リーグで王国を築いたドジャース。両球団の対戦を前に、2014年にレイズからドジャースに転職したフリードマン編成本部長はこう言って目を白黒させた。

 05年にレイズのオーナーとなったスタンバーグ氏、それに伴い社長として雇われたマット・シルバーマン氏、同期入社のフリードマン氏、ブルーム氏(現レッドソックス編成責任者)、クリック氏(現アストロズGM)、07年入社で後にレイズGMとなるエリック・ネアンダー氏……その中のひとりは「オーナー以外は年齢も近く、入社時はみな未婚で、いつも一緒に野球のことを語っていた。お互いの結婚式には必ず出席したし、子供が生まれた時もお互いに祝い合う仲間さ」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る