日ハム西川がポスティング申請…収入減も将来性にノビシロ

公開日: 更新日:

 2015年のワールドシリーズを制したロイヤルズに、ジャロッド・ダイソンという選手がいた。

 守備、代走要員、もしくは4、5人目の外野手の位置付けだが、当時のヨスト監督は試合終盤のキーマンとして非常に重宝した。代走で出場すれば、必ずといっていいほど盗塁を成功させ、得点につなげたからだ。12年からは3年連続30盗塁をマークしている。

 ポジションは中堅。肩は弱かったが、脚力を生かした守備範囲はバツグンに広く、何度も投手陣を救った。

 ダイソンは36歳の今季、パイレーツとホワイトソックスで計32試合に出場した。今季年俸は約2億円。最も稼いだのはダイヤモンドバックスでプレーした18年からの2年間で、年俸は約3億9000万円だった。

 さて、3日、日本ハム西川遥輝(28)のメジャー移籍を容認、ポスティングシステムの申請手続きを行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  9. 9

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

  10. 10

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

もっと見る