日ハムは穴どう埋める?有原と西川が来季メジャー挑戦確実

公開日: 更新日:

 2003年以来、17年ぶりで2年連続Bクラスに低迷した日本ハムに大きな動きがありそうだ。

 有原航平(28)と西川遥輝(28)がこのオフ、ポスティングシステムを利用してメジャー挑戦することがほぼ確実になったのだ。

 有原は昨年最多勝を獲得したエース。西川は走攻守と三拍子そろい、3度盗塁王を獲得したキャプテンだ。

 日本ハムは「ドラフトと育成」が看板。素質ある選手をドラフトで獲得し、できるだけ早く一人前に育てる。若手に活躍の場を与えるため、ときには主力をFAやトレードで放出することもいとわない。他球団以上に活発な新陳代謝を繰り返すことで、一定のチーム力を保ってきた。それもこれも素質ある選手の獲得と、独自の育成システムがあればこそだった。

 しかし、チームは2年連続Bクラス。選手のスカウティングに問題があるのか、育成システムに狂いが生じているのかはともかく、ここ数年は若手が思うように育っていないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る