初V大栄翔「親孝行できた」と笑顔 大関昇進の現実味と課題

公開日: 更新日:

「夢がかなったようなもの。うれしい思いしかない」

 初場所を13勝2敗で制した大栄翔(27)が、一夜明け会見で万感の思いを語った。

 母子家庭で育ち、親に負担をかけないために角界入りしただけに、「親孝行ができた」と頬を緩ませたのも納得。さらに「積み重ねた稽古のおかげ」と謙虚に語った。

 当然、期待されるのが大関への昇進だ。来場所は昨年9月以来となる関脇復帰が濃厚。先場所も10勝と2ケタ勝利を手にしており、大関候補に躍り出た。

 大関昇進の目安とされる「3場所33勝」はあくまで三役での成績。平幕での直近23勝は本来なら対象にならないが、優勝となれば話は別だ。

 2018年に大関になった栃ノ心は、その年の1月場所で平幕優勝。その後、2場所続けて関脇で好成績を収めて昇進した。関脇復帰が濃厚な大栄翔も今場所が大関とりの起点としてカウントされることになる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る