初V大栄翔「親孝行できた」と笑顔 大関昇進の現実味と課題

公開日: 更新日:

「夢がかなったようなもの。うれしい思いしかない」

 初場所を13勝2敗で制した大栄翔(27)が、一夜明け会見で万感の思いを語った。

 母子家庭で育ち、親に負担をかけないために角界入りしただけに、「親孝行ができた」と頬を緩ませたのも納得。さらに「積み重ねた稽古のおかげ」と謙虚に語った。

 当然、期待されるのが大関への昇進だ。来場所は昨年9月以来となる関脇復帰が濃厚。先場所も10勝と2ケタ勝利を手にしており、大関候補に躍り出た。

 大関昇進の目安とされる「3場所33勝」はあくまで三役での成績。平幕での直近23勝は本来なら対象にならないが、優勝となれば話は別だ。

 2018年に大関になった栃ノ心は、その年の1月場所で平幕優勝。その後、2場所続けて関脇で好成績を収めて昇進した。関脇復帰が濃厚な大栄翔も今場所が大関とりの起点としてカウントされることになる可能性が高い。

 問題は安定して勝てるかどうか、だ。大栄翔が信条とする押し相撲は、安定感に欠けると言われている。体調にも大きく左右され、好不調の波が激しい。先場所優勝した貴景勝が今場所、初日から4連敗したように、ひとつ歯車が狂えばズタズタになるリスクをはらむ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか