巨人まさかの「助っ人ダブつかせ」が奏功…他球団は地団駄

公開日: 更新日:

 巨人3年目の守護神、ルビー・デラロサ投手(31)が27日、来日した。昨季は35試合に登板し、2勝17セーブ、防御率2・56をマークした。今後は2週間の隔離期間を経てS班のキャンプに合流する予定だ。

 2年目の外国人はすでに自主隔離を行っている。

 ゼラス・ウィーラー内野手(34)は19日、球団の助っ人の中で一番乗りで来日。昨季6月に楽天からトレードで加入し、98試合に出場。打率・247、12本塁打、36打点だった。

 チアゴ・ビエイラ投手(28)は20日に到着した。昨季はセットアッパーとして27試合に登板して防御率3・28。ソフトバンクとの日本シリーズ第4戦で164キロを叩き出した。

 エンジェル・サンチェス投手(31)は21日に来日。昨季はチームで菅野、戸郷に次ぐ8勝をマークした。日本シリーズ第3戦で先発。七回途中まで投げ、6安打3失点だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

もっと見る