韓国名門が突如身売り 日本プロ野球は対岸の火事にあらず

公開日: 更新日:

 韓国内に衝撃が走っている。

 26日、韓国プロ野球のSKワイバーンズが、財閥の新世界グループの系列会社であるイーマートに買収された。イーマートはスーパーマーケットの経営を中心とし、ロッテマートと並ぶ国内流通2強。買収価格は約127億円で、韓国史上最高額だという。

 SKは身売りの理由を明らかにしていないが、韓国の聯合ニュース(WEB版)はこの日、「(通信事業をメインとする)SKグループの財務状態に何ら問題がないだけに、名門球団の売却は極めて異例」とし、「球団売却の動きは、金銭的な問題にはかかわりなく、グループの方向性にそぐわなかったり事業推進の実効性が低下したりする場合には、いつでも球団経営から手を引くという新たな基準を提示したといえる。これは新型コロナウイルス感染症のあおりで事業環境が厳しさを増す中、球団経営の重荷から逃れたい企業の便乗につながる可能性もある」と報じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る