巨人吉川“一難去ってまた一難”…高卒ドラ3中山が“刺客”に

公開日: 更新日:

「レギュラーはシーズンに入ったら競わずに、まあまあの形で陣容が組めたら」

 巨人原辰徳監督(62)はメンバーを固定して戦うことを希望している。実際、今季のレギュラー陣はおおむね固まっている。遊撃・坂本、三塁・岡本、中堅・丸、右翼・梶谷は決定的。新外国人のスモーク、テームズが期待通りに一塁、左翼に入ってくれれば、残るポジションは捕手と二塁のみである。 

 長年固定できなかった二塁は昨季、2016年ドラフト1位の吉川尚輝(25)が離脱することなく一軍に帯同。112試合に出場し、打率.274の成績を残した。それでも原監督は「昨年、ややきっかけを掴んだ吉川尚輝は規定打席に達した。彼が今年、本当のレギュラーになるには、OPSをかなり上げる必要がある」と注文。キャンプでは独自調整が許されるS班スタートとなったが、レギュラーとして認められたわけではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る