五輪代表選考会が幻に? 1980年以来“2度目の悲劇”に現実味

公開日: 更新日:

「そうなれば悪夢ですよ」

 五輪種目の連盟関係者がこう漏らす。

 新型コロナワクチンの接種が始まっている欧米でも、オランダやイギリスなどがロックダウンを続けており、国内でも10都府県に発令中の緊急事態宣言が3月7日まで延長された。ここにきて、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言に対し、海外メディアもその内容を報じ、オリンピアンからは批判の声があがるなど、「東京五輪」を覆う暗雲はさらに色濃くなってきた。

 飲食店の時短営業などで感染者の数は減ってきてはいるものの、重症患者等の入院状況に改善が見られなければ、東京五輪のために1万人ともいわれる医療従事者を募ることは到底できない。

 1年延期された東京五輪(7月23日~)の開催可否は、「福島から聖火リレーがスタートする3月25日までには決まる」との声は永田町でも少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る