FA澤村がRソックス入り有力 剛腕リリーバーは超売り手市場

公開日: 更新日:

 かつてメジャーのFA投手といえば、先発から売れていくものと相場が決まっていた。抑えや中継ぎなどのリリーフ陣は、あくまでも先発の次という位置付けだった。

 そんな状況が最近は変わりつつある。計算の立つリリーフ投手は先発同様、比較的、早い段階から売れていく。コロナ禍で出足の鈍い今オフのFA市場にしてもそう。昨季の最優秀救援投手のヘンドリックス(31)は1月11日に4年57億円でホワイトソックス入り。同20日には19年のセーブ王・イエーツ(33)が1年8億7000万円でブルージェイズへ。同26日には昨季のセーブ王・ハンド(30)が1年11億円でナショナルズと契約した。

 例えば昨年のワールドシリーズの覇者・ドジャースは、原則として投手に21人以上の打者と対戦させない。つまり先発は100球に届く以前に交代するケースもあるわけで、それだけリリーフが重要視されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る