「五輪予定通り」昨夏から激減しわずか7.8% =企業調査

公開日: 更新日:

 政府の無策で新型コロナウイルスの感染収束が見通せない中、東京五輪・パラリンピックを予定通り今夏に通常開催すべきだと考えているのは、企業も人も圧倒的少数であることが改めてわかった。

 東京商工リサーチが15日発表した企業のネット調査(今月1~8日、1万1432社回答)で、望ましい開催の形を尋ねたところ「予定通り」はわずか7・8%。昨夏の同じアンケートの22・5%から激減した。「開催延期」は33・1%、「中止」が23・0%で、半数超が今夏の開催に否定的な見方を示した。

 一方、「観客席を間引いて開催」は19・3%、「無観客開催」が16・9%だった。

 13、14日に実施した朝日新聞の世論調査でも、「今年の夏に開催する」は21%。「再び延期する」が43%、「中止する」が31%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る