マー君8年ぶり楽天復帰 高校時代の恩師・香田監督を直撃

公開日: 更新日:

香田誉士史氏(49=現・西部ガス監督)

 ヤンキースに7年間在籍した田中将大(32)が先月、8年ぶりに楽天に復帰した。メジャー球団からオファーを受ける中、年俸9億円の2年契約を提示され、古巣復帰という大きな決断に至った。

 駒大苫小牧高(北海道)時代、田中が在籍中の2004、05年夏の甲子園を連覇し、エースとなった06年も準優勝に導いた恩師・香田誉士史氏(49=現・西部ガス監督)が日刊ゲンダイに胸の内を明かした。

■一度決めたら「一途一心」

 ――電撃復帰でしたが、事前に相談は?

「相談ではありませんが、発表がある前日に電話があって『楽天にお世話になります』と。えー! と驚きました。ヤンキースじゃなくても、まだメジャーでやるものだと思っていました。私だけでなく、今までお世話になった人たちに連絡をしているようだったので、律義な将大らしいなと」

 ――復帰会見で「まだヤンキースでプレーしたかった」と言っていた。

「ヤンキースについてはよく分かりませんが、将大は高校入学前も入学後も一途なところがありました」

 ――と言いますと?

「夏の甲子園(03年)を見て、『ここでやりたい』と思ってくれたそうで、一度決めたら一途一心。兵庫の中学3年生が施設見学に来た時、『決めました』と入学を決意してくれた。でも、逆に心配になっちゃって、『ここは北海道だけど大丈夫? 冬は想像以上に寒いと思うけど大丈夫? ホントにいいのか?』としつこいくらいに確認したんですが、『大丈夫です』とキッパリ言ってくれました」

 ――「入学後」というのは?

「普段は寮生活で、正月休みは全員自宅に帰しますが、1年生は5月のゴールデンウイーク(GW)も帰省していいよと言っているんです。でも将大は『野球をやりに来ているので(兵庫へは)帰りません』と言い切りました。1年生で帰らなかったのは1人だけ。『だったら2、3年生の遠征に来るか?』と聞いたら『はい、行きます』とついてきました」

いきなりフォークを体得

 ――1年時は主に捕手だった。

「そうなんです。中学の宝塚ボーイズの時は投手と捕手の併用で投手の割合が多かった。高校1年の頃はまだ成長期でヒョロヒョロしていたので、投手より捕手に重きを置いていました。転機は1年秋です」

 ――何かあったのですか?

「秋の明治神宮大会は背番号『2』で1回戦は捕手として出場。次が連戦だったので、遊び心と言ってはなんですが、羽黒(山形)戦で将大を公式戦初先発させたんです。六回で降板して試合は負けましたが、1年生ながら球速は結構出ていました(最速141キロ)。すると、大学、社会人、他校の関係者から『あの2番、めちゃくちゃいいじゃないか』『20年に1人の逸材』『何で背番号2なの?』などと絶賛されて、そうなの? 本当か? と周囲に気付かされた感じです(笑い)」

 ――それで投手に専念させた?

「1年冬に将大と面談をやって『捕手と投手どっちがやりたい?』と聞くと、間髪入れずに『投手一本でやりたいです』と」

 ――投手としての素質は?

「もともとスライダーのキレは抜群で、すでに精度が高かった。器用なので変化球はすぐに投げられるようになった。『フォークを投げてみたことある?』と聞いたら、『キャッチボールぐらいでしかありません』とブルペンで投げた瞬間にストーンと落ちて、すぐにでも決め球になるくらいの精度で、こっちが驚いたくらい。やっぱりセンスでしょうね。フィールディング、牽制もうまかった。捕手の時もメジャーリーガーのように、膝をついたまま二塁へ矢のような送球をしたり、打撃も良かった」

 ――2年夏の甲子園では投手としてチーム最多の25回3分の2を投げて連覇に貢献。しかし、卒業前の3年生部員の不祥事(飲酒や喫煙)のために、出場が決まっていた3年春のセンバツは辞退した。

「2年生で体ができてきて150キロが出るようになり、伸びた時期ですね。でも、センバツ目前の3月に引退した上級生の不祥事であんなことになってしまい、選手たちは『ちょっと待ってください。甲子園に出られないんですか?』と納得できない。当たり前ですよね。私が辞めるのは仕方ないとして、センバツ辞退だけは阻止したいと奔走したんですが、当時の校長を説得できず、無力感にさいなまれました」

 ――それで、どうなったんですか?

「私は辞任となって実質、謹慎でした。選手たちは無気力状態。3月から大事な2~3カ月間が自主練習になり、実際は遊びのような感じ。チームは空中分解しかけました。将大たちには本当に申し訳なかった。保護者のおかげで5月に監督に復帰しましたが、夏にベストの状態に持っていかせてあげられなかった」

試合中に「ホンマごめん」

 ――田中は夏の甲子園大会前に発熱、胃腸炎などに苦しんだ。

「大事な時期に追い込めなかった影響はあったと思います。開会式の前に熱を出してリハーサルも出なかったくらい。おかゆしか食べられなかったり、初戦で脱水症状になったり、フォームのバランスを崩していました。2回戦の南陽工(山口)戦の後に中学時代の宝塚ボーイズの監督に連絡して練習場所に激励に来てもらったこともありました」

 ――3回戦(青森山田戦)は?

「先発ではなかったんですが、三回途中から登板していきなり6点ビハインドを背負ってしまった。すると、ベンチに帰ってきた将大が円陣の中で『ごめん。ホンマごめん』と謝ったんです。負けず嫌いの将大が、試合中に謝るなんて初めてでした。それで『将大がごめんと言ってる。点取ってやろうぜ!』とみんなが発奮して10-9で逆転勝利。春にバラバラになりかけたチームが、将大のおかげでもう一度まとまったんです」

 ――早実(西東京)との決勝戦の先発は田中ではなかった。

「決勝前夜、将大を部屋に呼びました。その日の準決勝・智弁和歌山戦では二回途中から登板。疲労はもちろん、ずっと体調不良のまま炎天下の中で投げてきた。『俺は明日の先発は将大でいきたいと思っている。素直な気持ちを聞かせてくれ』と。すると……」

 ――田中は何と?

「『できれば後からいきたいです』と。まだ点滴を打ったりしていましたし、『先発じゃないだけで、だいぶ気持ちが楽』だと言うのです」

 ――先発回避は思い切った決断かと。

「そうでしょう? 決勝戦前の取材で、『先発は菊地です』と言った時の変な空気は忘れられません。報道陣が『はー? 何で田中君じゃないんですか?』とケンカ腰で聞いてくるんです。私もカチンときて『チーム事情です』と言い返したかは忘れましたが、明かせませんよね。将大がそんな状態だったなんて。マスコミの方は斎藤君と将大の対決を楽しみにしている。それは痛いほど分かっていましたが、結果として再試合を含めて早実とは2試合戦ったわけですから」

「将大は人を引きつける“縁”のようなものを持っている」

 ――早実との再試合も田中は2番手だった。

「その日の夜も話し合いました。『俺としては明日は将大先発でいきたい』と。でも、三回途中から延長十五回まで投げていて『疲れもあるので、できればスイッチが入る後からいきたいです』と。それで2試合続けて菊地が先発。結局、初回から将大がリリーフするんですけど」

 ――田中は何が凄い?

「1年生のGWに帰省しないところから始まって、センバツを辞退してチームがバラバラになった時も、自分ができる練習を黙々とこなしていた。野球を辞めるとか道に迷いそうになったことは一度もありません。そんな精神力でしょうか」

 ――今回の決断については?

「将大は人を引きつける“縁”のようなものを持っています。今回の復帰も、『東北の被災地のために』という気持ちもあったと聞きます。素晴らしい決断だと思うし、いずれメジャーに戻ることになっても、将大の決めたことを応援するだけです」

(聞き手=増田和史/日刊ゲンダイ)

▽香田誉士史(こうだ・よしふみ) 1971年4月11日、佐賀県生まれ。佐賀商で春夏3度の甲子園出場。駒大に進学。95年に駒大苫小牧に赴任し、翌年監督就任。2001年夏に同校を35年ぶりの甲子園に導き、04年夏、北海道勢初の全国制覇。翌05年に57年ぶり史上6度目の夏の甲子園連覇。06年夏は早実との決勝再試合の末、準優勝。07年夏、初戦敗退後に辞任し、08年3月退職。鶴見大、社会人野球の西部ガスでコーチを務め、17年11月に西部ガス監督就任。昨年の都市対抗で8強入りを果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る