大谷OP1号は中堅バックスクリーン越え弾!二刀流復活は6日

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が3日(日本時間4日)、アリゾナ州テンピでのレンジャーズとのオープン戦に「2番・DH」で出場。今オープン戦第1号となる2ランを放ち、2打数1安打2打点、1四球だった。

 大谷に待望の一発が出たのは五回。無死二塁の好機で、相手の5番手右腕クルーズの高め直球を捉えると、打球は中堅バックスクリーンを越えた。

 試合が行われたディアボロ・スタジアムは中堅まで約128メートル。複数の米メディアによれば、推定飛距離約143メートルの特大弾だった。

 今季、投打の二刀流の復活を目指す大谷は5日(同6日)のアスレチックス戦に初登板する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る